第2の地球~くじら座のタウ星に惑星発見!~

宇宙
スポンサーリンク

第2の地球を発見!?

2012年12月19日、わたしたちが住んでいる地球という惑星から約12光年先に、日本では秋になると肉眼でも見えちゃう星座の「くじら座」にあるタウ星に、なんとっ!なんとっ!「第2の地球」となる地球の重さの2~6倍の五つの惑星が発見された。

五つの惑星のうち一つが、生命の存在に欠かせない、生きている生物に最も大切だとされる水が、液体として存在できる「ハビタブルゾーン」という領域にあることも確認したとされる。
ハビタブルゾーンとは、いわゆる宇宙空間の中で生命が誕生するのに適した環境のことであり、ゴルディロックスゾーン(Goldilocks Zone)とも呼ばれている。
また、日本語では「生命居住可能領域」と呼ばれる。
生き物が住める環境があるということだね。

わたしたちの地球がある太陽系外で、生命が存在する可能性がある惑星がいくつかあるけれど、これまで発見された中では最も地球に近いとされている。

重さはというと、地球の5倍ほどあり大気まで存在する可能性があるからびっくりだ!
公転周期は約168日で、タウ星との距離はちょうど太陽と金星ほどあるという。

実際に英米豪(イギリス、アメリカ、オーストラリア)などの研究チームは異なる3つの観測施設から6千以上の観測データを照らし合わせて今回の「第2の地球」を決定づけた。
研究チームの客員研究員であるイギリスのハートフォードシャー大のジェームス・ジェンキンスによると、「我々は、そう遠くない将来までに、これらの惑星の大気を分析できるかもしれない」と説明した。

コメント

トップへ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました