フォロー・ミー

プロカメラマン プロ写真家

地球環境サイトH3 > 写真素材提供 > カメラ(camera)の知識 >

プロカメラマン(プロ写真家)になるには


プロカメラマン(プロ写真家)について!
スポンサードリンク
プロカメラマン(プロ写真家)とは、写真撮影を職業にして生計を立てている人のことをいいます。
一般的には出版社、新聞社、広告代理店に勤めて働く場合が多く、その中でも報道系カメラマンと広告系カメラマンとに分けられます。
会社に属さずに、独立してフリーのプロカメラマン(プロ写真家)としての形態をとり、直接クライアントと契約を交わし撮影する人もいます。

それではプロカメラマンとアマチュアカメラマンの違いはというと、プロカメラマン(プロ写真家)は、撮影作業をして他人から報酬をもらえる人のことで、アマチュアカメラマンは、撮影作業するのに実費で、もちろん報酬も発生しない人のことです。

要は、クライアントから依頼された写真内容がどんなものなのかを、どれだけ受け止めれるかの能力が必要で、要求を満たすことができれば、そこから報酬が発生し、プロカメラマン(プロ写真家)として成立するので、雇われたカメラマンだろうが、独立したカメラマンだろうが、相手に満足してもらえれば、プロと呼べます。
ただし、写真撮影を職業としていない人が、誰かに撮影依頼されて、写真撮影して報酬を受け取ったとしても、あくまでもアマチュアカメラマンになります。
プロカメラマン(プロ写真家)とは、カメラを使うことで、趣味ではなく生業として生きている人のことです。

またプロカメラマン(プロ写真家)は、プロ意識を持って写真撮影することをモットーにすることができるかどうかも関係があります。
例えば、クライアントから依頼された写真撮影を、完璧にこなす必要があります。
写真撮影ミスをしても責任がないのがアマチュアカメラマンで、ミスが許されないのがプロカメラマン(プロ写真家)です。

プロカメラマン(プロ写真家)になろうと思ったら、責任意識のレベルも高く持たなくてはなりません。
プロカメラマン(プロ写真家)として必要な心構えがあるとしたら、それは被写体の良さを如何に引き出せるかが大切です。
静物と人物では、要求されるものが異なるので、それをどのように写真で表現していくかがプロカメラマン(プロ写真家)としての腕の見せ所です。

現在カメラの性能は各メーカーとも性能がいいものばかりで、一般の人もクオリティのかなり高い写真が撮影できるので、カメラマンの仕事が少なくなっているのが現状です。
だからこそ、益々プロカメラマン(プロ写真家)として要求されるものが高くなってきているので、やりがいのある職業だと思います。

もしも、プロカメラマン(プロ写真家)としての近道があるとすれば、一つは、人が学んでいる量よりも、多く学び写真を撮りまくるか、一つは憧れるプロカメラマン(プロ写真家)のアシスタントをしながら学び、プロとしての云々を会得することです。

スポンサードリンク
このページのトップに戻る

一つ前にもどる