フォロー・ミー

カメラマン 写真家 フォトグラファー

地球環境サイトH3 > 写真素材提供 > カメラ(camera)の知識 >

カメラマン(写真家、フォトグラファー)の仕事


カメラマン(写真家、フォトグラファー)の仕事
スポンサードリンク
カメラマン(写真家、フォトグラファー)と一言でいっても、ほとんどの人が目指す「プロカメラマン」から、「報道カメラマン」「結婚式カメラマン」「スタジオカメラマン」「雑誌カメラマン」「グラビアカメラマン」「水中カメラマン」「アマチュアカメラマン」など多種多様です。
写真をアートの域まで持っていき芸術作品を創り出すカメラマンだっています。

カメラマン(写真家、フォトグラファー)とは、何か被写体になるものを見つけ、そのものの瞬間を撮影する仕事です。
プロ・アマ問わず、カメラマン(写真家、フォトグラファー)になった人は日本国内に留まらず、海外へも出向いていくこともあるので、全世界、もしくは地球や宇宙を含めた世界をテリトリーとする仕事です。
カメラマン(写真家、フォトグラファー)の仕事はどこで活かせるのかというと、カメラマン事務所、出版社や編集プロダクションと契約を交わして働いたり、自ら撮った写真を写真集として出版したり、個展会場などで写真の展覧会をするなどして活躍しています。

それではカメラマン(写真家、フォトグラファー)になるには、どんなことが必要なのでしょうか?
まずはカメラについての知識と技術が必要になるので、カメラマンになるための専門学校に通うか、実際に現場で働いているプロカメラマンのもとでアシスタントとしてアルバイトをしながら学ぶのも手だし、独学でも学べます。
要は、カメラマン(写真家、フォトグラファー)として、何を撮りたいかが重要で、どこまで目指すかで方向性が変わってきます。
カメラ・写真系の専門学校を卒業した場合は、学校や講師に仕事を紹介してもらえるなら遠慮なく紹介してもらいましょう。

カメラマン(写真家、フォトグラファー)としての仕事は、どこかのカメラマン事務所に入社できれば一定の収入が得られますが、これがフリーカメラマンともなると、収入は不安定だと思っていいです。
人脈作りや経営の云々も大切になってくるのは間違いないでしょう。

出版業界のカメラマン(写真家、フォトグラファー)として働いた場合、雑誌や広告の商業写真を撮影する仕事が多いです。
商業写真も幅広く、人物・料理・小物から風景・店舗など撮影する大きさはさまざまです。
だからこそ、カメラマン(写真家、フォトグラファー)は写真の知識と技術が活かせる仕事となります。

ここで最も重要なのは、クライアント(お客さん)から依頼されたものを、どこまで応えて撮ることができるかが腕の見せ所であって、自分自身が撮りたい写真を撮ることではないということを理解する必要があります。
もしも、自分自身の撮りたいものを撮影して働きたいのなら、早く独立して立派なフリーカメラマンになることです。
一番いいのは、自分の撮影した写真を他人と自分の両方が見て、幸せになれるかどうかというがカメラマン(写真家、フォトグラファー)としての生きがいになるのかもしれません。

スポンサードリンク
このページのトップに戻る

一つ前にもどる