無添加石鹸のシャボン玉石鹸はお肌にとっても優しい石けんです。

自然
スポンサーリンク

「石鹸は、使いたいけれど、
これ以上、環境を破壊するわけにはいかないし・・・」と
思っている環境のことを考えている人ための、
地球にも人にもやさしい「無添加せっけん」

無添加だから、自然な匂いがするから、安心ですね。

せっけんには、どんな成分が使われているか知っていますか?
せっけんといえども、さまざまな種類があって、中でも香料や、色素、酸化防止剤、蛍光増白剤などが使われているものも多くあります。
それに対して、シャボン玉せっけんは、牛脂やパーム油、ひまわり油、米ぬか油などの天然油脂を使用。
そのため、天然油脂が本来持っているうるおい成分を残しているので、お肌がしっとりとして、とてもお肌にやさしいせっけんです。
「私、汚れを落とす成分の合成界面活性剤が使用してある商品は使いたくなかったんですね。石油から作られている合成界面活性剤は、皮膚への浸透もしやすく心配ですからね。このシャボン玉せっけんは、汚れを落とす成分に、天然成分の炭酸塩やケイ酸塩が使われているから、安心ですね。」
シャボン玉せっけんは、昔ながらのケン化法といわれる釜炊き製法で、熟練の石けん職人が作っています。
ケン化法は、天然油脂を炊いて、水酸化ナトリウムの苛性ソーダを反応させて、1週間熟成させてつくる手間暇かけた方法です。
そのおかげで、肌にやさしい保湿成分を含み、きめこまかい泡立ちの無添加せっけんができるのです。

シャボン玉せっけんの素材はすべて天然。

油脂の種類
牛脂・パーム油・ひまわり油・米ぬか油など

地球にも、人にもやさしい。

シャボン玉せっけんは、無添加で天然素材を使っているため、石けんカスは、川や海に流すと1日で炭酸ガスと水に分解されて、プランクトンや小魚、微生物の餌になるのです。

無添加せっけんだから、全身、家中に使える。

髪や顔、身体、そして、食器洗い、洗濯など無添加せっけんだからこそ、いろいろ使えます。

2種類の浴用の無添加せっけんを買いました。

2種類の無添加せっけんはいずれも、身体洗いに適した天然油脂を一週間かけて熟成し、ケン化法という製法で炊き上げたものです。天然のうるおい成分が残るので、洗い上がりはしっとりすべすべになります。

地球環境サイトH3 オススメの理由!
「シャボン玉 浴用石鹸 100g」は、身体や自然に有害な化学物質である香料・色素・エデト酸塩などは一切含まれておらず、純石鹸分99%の防腐剤などを使っていない無添加せっけんです。
「シャボン玉 EM石けん 浴用 100g」は、良質の動植物性油脂100%を原料でつくった酸化防止剤を使っていない化粧せっけんです。EMは発酵食品に使われている、乳酸菌や酵母などの自然界の微生物を集めた有用微生物群(Micro-organisms)です。

コメント

トップへ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました