無添加ドッグフードのおすすめ、ドッグフードの通販

自然
スポンサーリンク

いつものドッグフードが、無添加、無着色の安心で安全な無添加ドッグフードに変わる。
化学合成添加物を一切使用せずに作られた安全で安心できる無添加ドッグフード。

ドッグフードの原料の現状

ドッグフードに興味を持ったのは、ふと「ドッグフードには何が入っているのだろう?」と思ったのがきっかけでした。

ドッグフードの原料の現状を知って驚きました。

ドッグフードの原料って、肉骨粉、病気で亡くなった畜肉、人間用の衛星基準を超えた抗生物質を投与された蓄肉、残留農薬の基準を超えた穀類や野菜、事故で亡くなってしまった動物、大手のレストランなどから出る廃棄油なのだそうです。

大切な愛犬に食べさせたくないですね。

化学合成された添加物は一切使用していない、化学合成添加物「無添加」のまじめで安全安心なTLCドッグフード

そんな中、知ったのが化学合成添加物「無添加のTLCドッグフードでした。
「人間が食べることができるレベル」の原材料を使っているというのに、惹かれました。

TLCドッグフー ドは、本当にいいフードを目指して、まじめに作られました。
犬は、本来肉食なので、無添加のTLCドッグフードの主原料は、ニュージーランド産のラム肉や、鶏肉、大西洋産鮭肉が使われています。
犬は、穀物や野菜などを消化するのは難しいようです。

肉といっても、牛肉や豚肉はアレルギー性が強いので、犬にとってはよくないようです。
それに、穀物や牛肉など、犬にとってよくないものを与え続けてしまうと、消化吸収器官に負担がかかったり、痒みやアレルギー、内臓疾患を引き起こしたりするかもしれないようです。

もちろん、無添加のTLCドッグフードは、肉類の副産物(バイプロダクツ)も使っていません。
さらに、化学合成された添加物は一切使われてなく、化学合成添加物「無添加」なので、安全で安心なTLCドッグフードですね。

愛犬にとって、どんなドッグフードを食べさせてあげるかで、愛犬の健康が大きく変わってくるので、本当に良いドッグフードを食べさせてあげたいですね。

地球環境サイトH3 オススメの理由!かわいい愛犬に、変な食べ物なんか与えられませんよね。大切な家族の一員だからこそ、無添加・無着色で安全・安心の犬種、年齢に合うように作られたドッグフードを食べさせてあげたいと思うのが親心(笑)です。

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました