感謝の気持ち 感謝できる人

地球環境問題サイトH3 >  >

感謝の気持ちをもつ人は幸せになれるし、人に感謝できる人は豊かな人生を送れる!


感謝の気持ちをもつ人は幸せになれるし、人に感謝できる人は豊かな人生を送れる!
環境問題専門家 環境ナビゲーター ソラモン
スポンサーリンク

現代社会に生きて毎日の生活に追われていると、ついつい自分のことばかりが優先され、人に感謝することすら忘れがちになります。

当たり前のことですが、誰かに親切にしてもらったとか、助けてもらったら、素直に感謝のお返しをしましょう。
感謝のお返しとは、感謝の意を込めてお礼をするということです。


■感謝の気持ちを伝える方法
わたしたち人類は太古の昔から、集団生活をして助け合いながら生きてきました。

誰かが何かを作り、また誰かが何かを収穫したものを物々交換などをして、お互いに足りないものや欲しいものを手に入れてきました。

現代でも、そうやって人と人が関わり交じり合いながら、人間社会が成り立っています。

もしも「わたしは人と関わるのが嫌で、ほとんど一人でいるから」と言われる人でも、あなたの取り巻く全てのものは、製作する人、商売をしている人たちのおかげで、生活が成り立っていることに気づくはずです。
スーパーやコンビニに行けば何でも手に入るのは、あなた以外の誰かが働いてくれているからであって、決して一人では成立しないものです。

だから働いている人たちに、自分が恩恵を受けているのだと感じたなら、感謝の気持ちを忘れずにすることが大切です。

もしも感謝の気持ちを持つことができずに、誰かが働くのは当たり前と思うのなら、あなたは傲慢になっているのかもしれません。

人生で幸福に生きていきたいのなら、周囲の人、町の人たち、国を超えて外国の人たちへの感謝の気持ちを伝えれるのなら、なるべく伝える努力をしてください。

そうるすことで人生をより豊かに有意義に過ごすことができるようになります。

学生なら学生同士、社会人なら社会人同士の間柄でも、感謝の気持ちを忘れずに伝えてみてください。


■なぜ「感謝すること」がそんなに大切なのか、感謝の気持ちを持つ理由とは?
「ありがとう」は言う人も言われる人もうれしい気持ちになれるね!

まずは感謝の心を持つために、誰でも毎日できる習慣を紹介します。

それは「感謝日記」をノートに書き綴ることです。

毎日コンピューターやスマートフォンを利用する人は、インターネットを使って「感謝ブログ」をつくるのもいいかもしれません。

感謝日記の書き方は簡単で、日常生活をしていて「ありがたいなぁ」「嬉しいなぁ」と心の中で思ったことを書くだけです。
昼間にできなかったとしても、家に帰って寝る前に、「今日嬉しかったこと」「今日助かったこと」「今日ありがたかったこと」を思い出して、一行でも良いので書いてみることです。

これを毎日続けていくと、幸せな気持ちになれるので、ぐっすりと眠れたり、誰かのために何かできることはないだろうかといった、親切心さえ芽生えてくるといわれています。

日々のこと意外でも、過去を振り返ってみて感謝の気持ちを思い出して書き出すのもいいし、まだ見ぬ未来の出来事を想像しながら、感謝の気持ちを誰かに伝えている自分をイメージするのも良いです。


スポンサーリンク
地球環境サイトH3 オススメの理由!

感謝の気持ちを言葉で伝えるもよし、ギフトプレゼントを渡して喜んでもらうのもお互いの気持ちが楽しくなりますよね。















心を活用して「幸せ」を呼び込もう! 感謝の気持ちをもつ人は幸せになれるし、人に感謝できる人は豊かな人生を送れる!
心に残るメッセージは、普段の生活の中の”心”を動かすメッセージプロジェクトだよ。


このページのトップに戻る

一つ前にもどる