焚き火で焼き芋 おいしい焼き芋

地球環境問題サイトH3 > ガーデニングと森で暮らす >

焚き火でおいしい焼き芋を作ってみたい!


焚き火でおいしい焼き芋を作ってみたい!
環境問題専門家 環境ナビゲーター ソラモン
■これならできる!焚き火で作る焼き芋の作り方

スポンサーリンク
秋になると、おいしそうなお芋がお店に並んでいるのを見ると、一度は、焚き火でおいしい焼き芋を作ってみたいと思ったことは、ないでしょうか?

■早く焼けるように、細くて小さめのシルクスイートを選びました!

いろいろな種類のお芋がある中、 甘みが強くて、大好きなシルクスイートの 小さめのものを選びました。




■まずは、周りの枝や枯葉を集めます!

周りにある、枝や枯葉を集めて、 着火しやすいように、日光に照らしておきます。雨の次の日や、くもりの日は、枯葉や、枝が湿気ていて、 着火しにくいので、気をつけましょう。


■次に、焚き火を始めましょう。

焚き火をして、 火が落ち着いてきて、炭や、熾火(おきび)になるのを待ちましょう。
その間に、お芋の方を準備していくといいですね。
次に、新聞紙や、クッキングペーパーを水で濡らし、 お芋をくるみましょう。


■次に、アルミホイルでくるみましょう。

クッキングペーパーで来るんだ後は、 しっかりと、アルミホイルでくるみましょう。
その時に、隙間のないように、お芋が見えないように、 しっかりとくるむことがコツです。


■次に、熾火の中に入れましょう。

火が落ち着き、熾火になった状態になったら、 熾火の中にお芋を入れましょう。


■次は、30分〜40分ほど、気長に待ちましょう。

熾火の中で、おいしいお芋が作られていきますので、じっくりと、待ちましょう。


■次は、トングで、柔らかくなっているか確かめましょう。

トングで、お芋をつまんでみて、 柔らかくなっているのが確認できたら、 成功です!


■さっそく、食べてみましょう。



「くれぐれも、熱々の焼き芋にはやけどしないように注意してね!」


熱々なので、気をつけながら、 アルミホイルを解き、クッキングペーパーを解くと、 そこには、ホクホクの焚き火の焼き芋の完成です!自分でやってみると、 以外に、知らなかったことばかりですね。
一度、やってみると、身につくので、 何度でも、できますね!

スポンサーリンク
地球環境サイトH3 オススメの理由!

2019年の楽天うまいもの大会で総合1位を受賞したお店の天然スイーツのお芋です。一度は食べてみてくださいね。










雑木の庭を楽しんで雑木林の庭づくり 焚き火でおいしい焼き芋を作ってみたい!
庭園のある暮らしは庭のデザインからはじめてみる しいたけの原木栽培を庭で始める
コンポストを使って生ゴミを肥料や堆肥に変えよう


このページのトップに戻る

一つ前にもどる