しいたけ原木栽培 椎茸の原木

地球環境問題サイトH3 > ガーデニングと森で暮らす >

しいたけの原木栽培を庭で始める


しいたけの原木栽培を庭で始める
環境問題専門家 環境ナビゲーター ソラモン

■これならできる!しいたけの原木栽培
これなら誰でも気軽に原木栽培できるよ!

しいたけの原木栽培をしてみたいと、日頃から思っていました。
できれば、地元の木で、さらに、本格的ではなく、
もうすでに、菌が打ち込んであるものがあれば、いいなと思っていました。
そんな時、JAの直売所で、しいたけの原木を発見しました。
値段も、1000円ぐらいでした!
これなら、気軽にしいたけの原木栽培に気軽に挑戦できますね。

■ほだ木を買おう

原木に、椎茸の菌、種を植菌をしてあって、椎茸が発生する状態に仕上げてあるほだ木を買いましょう。
ホームセンターなどでも、しいたけの原木(ほだ木)は売ってあるので、チェックしてみてくださいね。
ちなみにわたしたちはネットショッピングで、しいたけ原木を購入しました。




■しいたけの原木は浸水作業が大切
簡易ミニプールの完成です!

スポンサーリンク
ほだ木が何年ものかにもよるそうなのですが、6時間程度〜24時間程度が目安だそうです。
春から秋にかけての気温が高い時期は、数時間程度で、
秋から冬にかけての気温が低い時期は、長い時間がいいそうです。
防水ビニールシート(ブルーシート)を二つ折りにして両端を洗濯ばさみでとめれば、ミニプールが簡単にできるので、その中に浸してあげればOKです。
ちなみに、全身火傷をした人をミニプールの中に入れてあげれば、応急処置ができるんですよ。


■しいたけの原木の発芽
しいたけの原木が発芽してくれて嬉しいです!

浸水作業をすることによって、しいたけが発芽してきます。
浸水作業が、しいたけ発生のための、大事な作業なのですね。


■しいたけ原木の置き場所

しいたけ原木は、直射日光をさけて、雨のあたる場所に置きましょう。
1〜2週間程度で、しいたけが発芽していきます。


■しいたけの原木の収穫

しいたけが発生してきたら、しいたけが開くのを待って、収穫します。


■しいたけの原木栽培に適した樹種

しいたけの原木栽培には、クヌギや、コナラ、またミズナラ、アベマキ、ナラガシワ、シデなどが利用されるようです。


■伐採

伐採時期は、紅葉し始めた時期で、木が眠っている間に、根元から伐採します。


■伐採後

葉がついた状態で、1ヵ月ほど、林の中で、葉枯らしをし、水分を抜き、乾燥させます。


■玉切り

乾燥したら、1mの長さで、玉切りをします。


■しいたけの原木の植菌

次に、原木に穴をあけ、椎茸の菌(種菌)を植えていきます。


■しいたけの原木 仮伏せ(4月頃)

菌糸の活動をよくるするため、ほだ木を横積みにして、枝葉や遮光ネットなどで保湿をします。


■しいたけの原木 本伏せ(5月〜6月頃)

ほだ木とほだ木の間が風通しがよくなるように、並べなおします。


■しいたけの原木 ほだ越し(10月頃)

雨がよく当たり、直射日光が当たらないようなほだ場に、きのこが取りやすいように、ほだ木が重ならないように立てます。


■しいたけの原木から採取する時に気をつけること

しいたけを原木から取るときは、柄を持って石づきからもぎとります。
しいたけの傘が全開する前に、採取すると、品質のよい椎茸が取れます。
雨に当たりすぎると、水分を多く含む椎茸になってしまうので、気をつけましょう。


■しいたけ 採取後

採取後は、すべてしいたけ採取し、直射日光が当たらない場所で、雨が良く当たる涼しい場所に置きましょう。


シイタケ栽培キット 【もりのしいたけ農園】



「 自分でつくった椎茸は格別な味に変身するよ!そしてシイタケの変化する姿が愛おしくなるよ 」


スポンサーリンク
地球環境サイトH3 オススメの理由!

はじめて買ったしいたけ原木だったので、宅配便で受け取ったときに原木の重さにもびっくりしました。これからシイタケが自分で収穫できると思うと楽しみです。木からシイタケが育った瞬間が見れるので、みなさんもぜひチャレンジしてみてくださいね。










雑木の庭を楽しんで雑木林の庭づくり 焚き火でおいしい焼き芋を作ってみたい!
庭園のある暮らしは庭のデザインからはじめてみる しいたけの原木栽培を庭で始める
コンポストを使って生ゴミを肥料や堆肥に変えよう


このページのトップに戻る

一つ前にもどる