雑木の庭 雑木林

地球環境問題サイトH3 > ガーデニングと森で暮らす >

雑木の庭を楽しんで雑木林の庭づくり


雑木の庭を楽しんで雑木林の庭づくり
■自然が創りだす雑木の庭

スポンサードリンク
開拓された後の土地に、30年後には、 自然に雑木が自然に生えて、素敵な雑木の庭になりました。
その隙間を縫うように小道が作られています。
ホオノキ(朴の木)、紅葉、山桜、栗の木、 種が落ちたり、鳥が運んだりして、沢山の種の中から、 奇跡的に大きくなった木々たち。
自然の力は、偉大ですね。



「 鳥がどんな実を食べて、どんな種をまき、どんな雑木の庭になっていくのか楽しみだ!」


■雑木とは、いったいどんな樹木のこと?

雑木(ぞうき、ざつぼく)と読み、英語ではMiscellaneous trees(ミセラニアス)といいます。

建築材料などの利用価値の高い材木に対して、あまり利用価値の低い主に広葉樹の雑多な木のことです。
日常生活では、雑木で炭や薪を作るのに便利な用材です。

お庭に家の主役となるシンボルツリーを決めたなら、脇役として雑木を周囲に植えることで全体にメリハリが生まれます。
さらに同じ高さ雑木にせず、高いものから低いものまでをバランスよく植えるのがコツです。

コナラやクヌギの木を雑木として植えれば、ある程度木を残して切り倒しても、またすぐに枝がでてきて毎年、炭や薪としえ使えます。

これからの時代炭を扱える自分になりたいね!
炭は空気を浄化してくれたり、吸着作用によって脱臭効果もあるからとても重宝するよ!
薪はなるべく濡れない場所にストックしておくよ!
薪ストーブを活用できれば本当にエコロジーだね!

また、どこに住むかにもよりますが、住んでいる土地の気候風土に合わせて雑木を選ぶのも大切です。
暖かい場所を好む雑木もあれば、寒い場所を好む雑木もあります。

雑木にも大きさの違う多種多様のいろんな樹木あり、高木樹(こうぼくじゅ)は高さ3m〜5m以上の樹木、中木樹(ちゅうぼくじゅ)は高さ1m以上3m未満の樹木、低木樹(ていぼくじゅ)は高さ1m未満の樹木をいいます。

街中になればなるほど自然を感じることが少なくなってしまうので、お庭に雑木があるだけで目の保養にもなり、とても癒されます。

しかし、お庭の広さが大きければ雑木をたくさん植えることができるし楽しめますが、小さなお庭でも雑木なら充分楽しめるものです。
和風の雑木にしてみたり、洋風の雑木作りにチャレンジするのも良いかもしれません。


■春の雑木の庭

山桜などがちらほらと咲き始めます。
お庭に咲く八重桜がとっても綺麗!


■初夏の雑木の庭

気づくと、一気に新緑の綺麗な緑色に包まれます。
新緑の雑木林に光が差し込むと、世界が神々しく映るよ!


■夏の雑木の庭

緑が全開です。
夏の雑木が影を作ってくれるから涼しく過ごせるんだね!


■秋の雑木の庭

赤や、黄色など、紅葉になり、 とてもカラフルなお庭になっていきます。
赤色に黄色、橙色に緑色と秋の雑木たちが織り成すいろいろな色がハーモニーとなる季節です。
秋の雑木たちがまるで画家のように彩をつけていくよ!


■冬の雑木の庭

スギの木に、雪が降ると、 まるで、クリスマスツリーのようです。雪景色の中に、静かに佇む木々たちはとても美しいです。
雑木の庭のおすすめ本を紹介しておきますね!
冬の樹木たちだけが作り出せる白銀の世界は圧巻だね!



スポンサードリンク

お庭をきれいにしたい・・庭木のお手入れでなやんでいる・・のなら必見です!しかもリーズナブルでシンプル料金プランだったら!

実績多数!庭木一本からのご依頼も可能【剪定110番】




雑木の庭を楽しんで雑木林の庭づくり 焚き火でおいしい焼き芋を作ってみたい!
庭園のある暮らしは庭のデザインからはじめてみる しいたけの原木栽培を庭で始める
コンポストを使って生ゴミを肥料や堆肥に変えよう


このページのトップに戻る

一つ前にもどる