自己治癒コンクリートで修復可能な夢のコンクリートを発明した岸利治教授~未来の夢のコンクリートと期待されている、「自己治癒コンクリート」というものが現在研究されている!

環境問題
スポンサーリンク

自己治癒コンクリートで修復可能な夢のコンクリートを発明した岸利治教授

未来の夢のコンクリートと期待されている、「自己治癒コンクリート」というものが現在研究されています。
名前からして、すんごいインパクトありますね!!!
研究者は東京大学生産技術研究所教授でもある、岸利治さんです。
研究所では、コンクリート材料・コンクリート工学・セメント化学に関する研究をされています。

本来コンクリートというものは、長い年月が経てばいずれひび割れが発生し、そこから漏水が起こり、コンクリート内部の鉄筋が腐食していき、やがてコンクリートの耐久性の失われ、コンクリートで作られた建造物の崩壊につながっていきます。

そこで、岸利治教授が思いついたのは、


「コンクリートが自然に修復されないだろうか・・・」

と、普通では考えられないアイデアを思いついたのです。

この発明のために、生まれてきたといっても過言ではないですね!
大学で長年の研究の結果、ついに発明されたのが、「膨潤剤」というもので、コンクリートを作る際に混ぜるために使われます。
膨潤剤入りコンクリートは、ひび割れたコンクリートの中に水が入り込むと、10倍に膨張する性質を持ち、その化学変化によってひび割れた箇所が自然に塞がっていく、まるで夢物語のようなものなんです。

日々の実験では、まずコンクリートの箱をつくり、人工的にひび割れを起こし、その中に水を1ヶ月間流し込むというものがありました。
なっなんと!1ヵ月後にコンクリート箱のひび割れは、見事!!ほぼ自己修復されていたのです。(完璧ではありません・・・)

もしひび割れたコンクリートが自己修復したら

岸利治さんの目標は、「2016年までにひび割れ自己治癒コンクリートを実用化させ、耐久性の高い構造物を 未来に残したい」というものです。
2016年までに、実用化に向けて日々がんばっている岸利治さんは、すばらしいですね!
これが実用化されれば、地下に使うコンクリート、湿気が多い場所でのコンクリート、もちろん住居などに使われるコンクリート、さまざまなコンクリートに応用され、わたしたちの暮らしが変わること間違い無しですね☆☆☆

【東京大学生産技術研究所 岸研究室(コンクリート工学)】
ホームページ→ http://wdnsword.iis.u-tokyo.ac.jp/

コメント

トップへ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました