農業用ロボットの行く末、農業ロボットによる農業の自動化

環境問題
スポンサーリンク

今後、地球内で起こる食糧問題は農業用ロボットによって進化を遂げつつある!

日本で農業をしている人たちの高齢化が進む現代を例にとっても、昔あんなにあった、田んぼや畑は今や草が生えたり、荒れ放題。
農家の後継ぎを子供たちが引き継がないことも多々あり、日本産の食物さえも、今後、食卓で食べることができるのかと心配になる。

そこで、それらの諸問題を一挙に解決してくれるのが、農業用ロボット!

すでにアメリカやヨーロッパでは、農耕車両を無人化にして行われてきたけれど、小動物などを巻き込んだりと、色々な問題もまだある。
車の自動運転の発展により、農業にも活かせるとなると、今後の無人化農業システムが変わってくる。

農業もこれからは、ロボットの時代へと突入せざるをえなくなると思う。
農業だけではなく、さまざまな場面で人からロボットへの変換が見られるようになる。

お客様の声

ありがとうございました。
私も心の在り方が地球の、そして宇宙の環境を作り出していると感じております。自分自身を含めて頑張り時かなと思います。
tsukineko 2017-11-25

太陽光で育てる家庭の水耕栽培のキットが売られてますね。
野菜も、昔のように濃い味のものが食べたいとおもいます。
未来に叶うかな?( ̄▽ ̄;)
Ryu 2017-06-13

個人的には手作業の心のこもった野菜、米が食べたいけども、、、致し方ないのかな。
どんなロボットなんだろ?
農家さんは良い機械を求めてるんですよね
穏やかネーチャン 2017-06-08

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました