地球からのメッセージ~みんなの意識で地球が変わるよ!

スポンサーリンク

地球からのメッセージだよ

地球では毎日、人間たちの心が失われている。

地球では、毎日150種類から200種類の動植物が地球上から姿を消している。
失われた森林は、地球上の90%以上。
私たち人間は、さまざまな動植物の命を奪い、環境を破壊しながら生きています。

森が無くなる量=心が無くなる量

地球上から森が失われていく一方で、人間たちの心も同時に失われている。
人間の心もまた、90%以上無くなっている証拠に森林破壊がある。
森が消えることは、人間の心をもった生きものも、消えていくことに繋がっている。

地球人という大きな家族が崩壊と破局に向かっている現代、小さな家族間にも崩壊と破局が蔓延しつつある。
世界各地で起きている国同士の争い、家族の絆が薄れ、学びの意味を履き違えた結果の学校崩壊、社会システムの矛盾から来る精神の崩壊など、さまざまな崩壊と破局がいたるところに訪れている。
そこには原因と結果の法則が必ず存在している。
その大きな要因として、一人ひとりの人間の心がわれている結果であることを知らなければならない。

地球の声を聞いて、地球を感じよう。

地球は、さまざまなメッセージを伝えている。
それなのに、私たちは地球のために何かしているだろうか。


地球がどんなことをしてもらえると喜ぶのか、考えただろうか。
地球の
を聞いてみよう。

人は地球に帰ってくる

夜空の星たちを見ていると、広大な宇宙空間の中にいくつもの生命がいるのか不思議に思う。
ぼくたちは星のカケラでできた地球の一部なんだと思い出した瞬間がありますか。

自然破壊のこと、環境汚染のこと、水のこと、空のこと、大地のこと、
地球創生のこと、恐竜たちが生きていた時代のこと。

環境を汚染した回数、地球を思いやった回数、地球に助けられた回数、
何度も転生して地球に生まれた回数・・・。

そんなことを、思い出していけたらと思う。

小鳥のさえずり、川の流れ、咲き乱れる花々、頬をなでる風、
自分は地球の一部だと感じる瞬間。


地球とともに生きて生きたい。
だから、地球の気持ちを感じたい。
地球に住み、地球で過ごせる幸せを味わおう。


地球からのメッセージ

地球は、たった一つの宝物。わたしからのメッセージ。

わたしは、あなたたちに、食べるのに困らないくらいに自然を提供してきました。
しかし、必要以上に食べたり、残したり、捨てたりしていることを知り、とても悲しくなりました。

わたしは、小さな雑草や水や木や、土と水と空に暮らす生き物たちを我が子のように大切に、心を込めて創造しました。

しかし、あなたたち人間は、それらを大切にしてくれているでしょうか?
生きとし生けるものと共存することができているでしょうか?

小さな雑草を邪魔者扱いをしていないでしょうか?
動物たちを食べ物やペットと思っていないでしょうか?
樹木を紙を作る道具だと思っていないでしょうか?

全ての生きものは意味があって、そこに存在しています。

大切なことは、共存すること。
循環させ、調和すること。
そして、必要以上に取ったり、必要以上に与えたりしてはいけないということです。

あなたたち人間は、わたしを壊すことも、わたしを元に戻すこともできるのです。

あなたたちにとって、わたしという大きな家は、大切にすればするほど、より豊かな大地となり、わたしとあなたたちの無限の可能性を引き出すことができるのです。

あなたから子供たちへ、そして周りの人たちへ、わたしの気持ち伝えることで、想いやりの心を持った人たちで一つとなり、新しい時代の星を築いてください。

わたしは、あなたたちの心が元に戻ること、共に暮らすありとあらゆる生命の明るい未来を信じて、じっと待っています・・・。

そして、わたしからのメッセージが届き、受け入れてくれる日を楽しみにしています。

子供の頃はなんとも思わなかった自然が、この年になってとても自然に感動することが多くなった。今の時期だと紅葉を見て素晴らしいと感じる。子供の頃から海と山、田んぼに畑に囲まれて育ったこの素晴らしい自然を、ずっと残していきたい。
(2008/10/14 石川県 40歳 女性 チョコ さんより)

このページに辿り着いて、地球からのメッセージを聞いたとき、正直言ってショックを受けました。今まで普通に暮らしてきたことによって、日に日に地球が苦しんでいたのかと思うと心が痛みます。これからは地球のメッセージに耳を傾け、地球のことを想いやり、「必要以上」を気をつけながら生活するように心がけていきたいと思います。
(2008/8/6 青森県 12歳 もりもり元気 さんより)

ぼくは、いわゆるすんごく田舎に住んでいるのですが、学校はもちろん、家に帰って家族みんな揃ってごはん食べたり、テレビ観たり、休みの日には遠くへ出かけて、まわりから見ると幸せ一家のように見えます。しかし、家族と会話していても、最近は心を感じれることが少なくなりました。なんて言うか、適当に話を聞いているとしか思えないことや、真剣に話を聞いてくれてないように思います。こんな家族が地球にいっぱい広がっていったら、人間はどうなってしまうんだろうと思う今日この頃です。だけど、ぼくが大人になっても、絶対に子供の話を真剣に聞いてやれる男になりたいです。それから、地球からのメッセージを感じれるようになって、メッセージを受け取りたいです。
(2008/7/30 秋田県 11歳 米米2粒 さんより)

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました