フォロー・ミー

医師 医者 仕事の内容

地球環境サイトH3 >  >

医師の仕事、医者の仕事の内容


医師の仕事、医者の仕事の内容
スポンサードリンク
医師(医者)になるためには、医科大学もしくは一般の大学の医学部に入学して、6年間学び修了したあと、医師免許を取るために医師国家試験というものを受験する必要があります。
晴れてみごと合格したら、厚生労働大臣より免許が与えられます。
そして次は、臨床研修医として2年以上働くことが義務付けられています。

医師(医者)は大きく分けて「臨床医」と「研究医」の2つに分類できます。
臨床医は病院といわれる場所で働く人で、研究医は大学または研究所などで病気に関する研究をしている人のことです。

昔はよく、「お医者さんになればお金持ちになって安泰よ!」なんて言われていたけれど、最近では日夜変化する医療現場や社会情勢なども含めて、病院経営の未来は変わりつつあります。

もちろん医師として働く場合、内科や外科、美容整形外科などさまざまな分野がありますので、どれを選ぶかによっても収入や労働、精神的、肉体的な負担に差がでてくるのは必然です。
ただ、人の命に関わったり、精神的ケアなど、患者さんとのコミュニケーションをする中で、やりがいのある職業であるということも、医師(医者)の魅力の一つです。
生命に直結した仕事であるため、生半可な気持ちでできる仕事でないことも確かです。
さらに人体に直接触れることから、医師の技術や、そこで携わるさまざまな医療スタッフの精神状態、疲労状態から医療事故が多発しているのも現実問題です。
だからこそ、技術を磨いて人様の役に立つ仕事であり、心も同時に磨いていける仕事なのではないでしょうか。

現在、大学で学ぶ医療のほとんどが西洋医学ですが、最近では東洋医学や心理療法など、さまざまな療法が取り入れられていて、複合医療が進んでいます。


医師の仕事、医者の仕事の内容! 終身医療保険(終身保険)とは?保障が一生涯続く、終身医療保険についての解説


このページのトップに戻る

一つ前にもどる