フォロー・ミー

医療用かつら 医療用ウィッグ

地球環境サイトH3 >  >

医療用かつら(医療用ウィッグ)


医療用かつら(医療用ウィッグ)
スポンサードリンク
医療用かつら(ウィッグ)とは、医療用に作られたかつらのことで、ウィッグとも呼ばれています。
病院での抗がん剤治療によって副作用による髪の毛の脱毛や円形脱毛症で、髪が抜けてしまっても、その悩みを解決するために医療用かつら(ウィッグ)があります。

現在の医療用かつら(ウィッグ)は、より自然に近くて頭皮に優しく刺激が少なくしたり、つけていてもずり落ちたりしないような工夫があったり、付け心地がいいのが特徴のものがあるので、自分に合ったものを慎重に選びましょう。
中には高額な医療用かつら(ウィッグ)がありますが、全てがいいとは限りません。
また、医療用かつら(ウィッグ)は一般のかつらとは違い、がん治療や脱毛症が原因で毛髪の量が増減するので、それに合わせてかつらのサイズを換える必要があります。
医療用かつら(ウィッグ)は既製品だけではなく、フルオーダーメイド(約30万円)やセミオーダーメイド(約5〜15万円)もあるので、使用期間や予算を考慮しながら選ぶのもポイントです。
医療用かつら(ウィッグ)の購入は、治療前にするのが望ましいです。
治療前に購入しておけば、いつのタイミングで脱毛が起こっても、心にゆとりが持てます。

医療用かつら(ウィッグ)はどのくらいの期間装着するのかというと、抗がん剤治療を始めてから、だいたい2〜3週間後に脱毛が起こります。
そして、抗がん剤治療後の3〜6ヶ月には髪の毛が再び生えてきます。
ただし、脱毛の度合いは、どんな薬を投与するかや、身体状態によってかなり左右されます。

医療用かつら(ウィッグ)のお手入れ方法についてですが、洗面器などの容器の中に、ぬるま湯を溜めて一回分のシャンプーを入れ泡立たせ、医療用かつら(ウィッグ)を容器の中に浸け、軽く押し洗いをして、約5分間くらい放置した後、水ですすぎ洗いをします。
リンスをする場合は洗面器などの容器の中に、ぬるま湯を溜めてリンスを入れ、医療用かつら(ウィッグ)を容器の中に約1分間くらい放置した後、水ですすぎ洗いをします。
洗い終わったら、バスタオルなどの大きめのタオルに包んで水分を取り除いてください。
このとき、タオルで医療用かつら(ウィッグ)をゴシゴシ擦ったりすると、傷みの原因になるので、優しく扱ってください。


医療用かつら(医療用ウィッグ)〜女性用カツラが髪の悩みを解決します。


このページのトップに戻る

一つ前にもどる