フォロー・ミー

子宮頚癌 子宮頚がん 予防ワクチン

地球環境サイトH3 >  >

子宮頚癌(子宮頚がん)の予防ワクチン


子宮頚癌(子宮頚がん)の予防ワクチン 2010/1/14作成
スポンサードリンク
子宮頚癌(子宮頚がん)の予防ワクチン費用は、1回が約2万円で半年内に合計3回接種する必要があるので、約6万円もの金額がかかってしまう、超高級予防ワクチン!?なんです。

予防ワクチンの効果の持続期間については、未だ最終的な結果が出ていないもようで、現段階では約20年ほどではなかろうか(適当?)と試算されている。

このワクチンは、子宮頸がんの主な原因であるヒトパピローマウイルス(HPV)の7割を占めている、2種類のウイルスからの感染を防ぐことができるとして期待されているらしい・・・。

日本国内での子宮頚癌(子宮頚がん)予防ワクチンは、実はまだ治験段階なんだということも理解しておく必要がある。
いわゆる副作用など、複合的にみて、予防ワクチン接種後にどのように身体に影響していくかということが、まだわからないということです。
ワクチン接種後の死亡例は世界各地で報告されている。

どのようにして身体にウイルスが侵入するのかというと、性交渉の際のウィルス感染が原因になることが圧倒的みたいだ。
2009年の段階では、日本全国で1万5千人の女性が発症し、その内、3500人が死亡しているのが現状。
ただ、ここで本当に着目しなければならないことは、人間の体は薬で出来ているのではなく、主に食物と水で出来ているということだ。

日本人の高齢者のほとんどがなっていなかったのに、最近は若い人たちが子宮頚癌(子宮頚がん)などの病に侵されている人が急増している。

なぜなのだろうか?

一番の原因は食物の栄養素だのではないだろうか。
高齢者のほとんどが、幼少期に無農薬野菜や無農薬の米、天然の塩や砂糖、純度の高い安全な天然水を身体に取り入れた結果、病気とはほぼ無縁?の肉体をつくることができたに違いない。
現代人は、農薬のかかった野菜や米、人工的に添加物を加えた塩や砂糖、安全ではない人口の水を身体に取り入れているから、世の中にあるさまざまなウイルスによって、身体が蝕まれていくのは必須なのではなかろうか。

今回の予防ワクチンや新型インフルエンザなどなど・・・、なんでもかんでも、病院や国(政治)に頼っていては、真実が見えにくくなってしまう。
病気の数だけワクチンができていくのではないか・・・。
もしかしたらワクチン開発は良い面ばかりではなく、人類の体を少しずつ弱らせる薬なのかもしれないと疑う心も大切だ。

ニュースで流れている情報をすぐに鵜呑みにしていますと、相手の思うツボ?になってしまうかも。
現代の人たちは、薬漬けになるされる前に、知っておかなければならないことをもっと、学ばなければならない。

一番大切なことは、「なぜ?」と思える心を養うことで、偽りの真実ではなく、本当の真実が見えてくる。
本当に予防ワクチンは必要なのか?
本当に子供に接種しても大丈夫なのか?
昔や古代人を思い返すのも本当の真実が見える要素として頭の片隅に入れておいてほしい。


舌の病気と痛み〜舌のできもの、しびれ、舌癌、腫瘍、口臭などの症状がわかる。 インフルエンザの接種と感染症状
インフルエンザの対策は民間療法で! 子宮頚癌(子宮頚がん)の予防ワクチン
快眠の方法(快眠法)〜快眠方法を知っておくと、これからの人生が大きく変わる。


このページのトップに戻る

一つ前にもどる