フォロー・ミー

マヤ 予言 2012年

地球環境サイトH3 > 真実 >

マヤ 予言 2012年12月22日


マヤの予言が蘇る!2012年12月22日の地球と人類に待ち受けているアセンションとは!?
スポンサードリンク
マヤから人類へのメッセージか!?
太陽系大変動と人類の知られざる未来とは。
真実を解き明かす「地球のアセンションの真実」
近年、地球上で多発している異常気象、天変地異の原因とは何か!?

2012年の惑星二ビルの接近に向け、地球を含む太陽系の新しい時代がやってくる。
それにともなって、人類の意識覚醒が必要になってきます。
私たちの知らない間に、惑星は、地球は、アセンションに向かっている。
あなたは地球のアセンションについていけますか?
地球の未来をどのようにしたいと思いますか?
ここでは、太陽と地球と人類の真の目的をみなさんと一緒に探っていきたいと思います。

なぜ、2012年なのか?

謎の巨大惑星の接近で、地球は、人類は、我々はどうなってしまうのか!?

スポンサードリンク
なぜ2012年12月22日なのか。
2012年を調べていて、シュメール文明にたどり着き、調べてみると、古代シュメール文明の粘土板には、火星と木星の間を交差して、公転周期3600年という巨大な楕円を描く太陽系第10番惑星 ― 惑星ニビルが接近する。
そして、ニビルは遺伝子操作によって人類を創造したというアヌンナキの母星であると書かれていました。

二つの太陽の内一つは、この惑星ニビルのこと。
そういえば、「2012年宇宙の旅」という映画でも、もう一つの太陽の誕生を伝えていた。

シュメール文明で伝えられてきた、太古にシュメール文明では、太陽系の外から惑星二ビルがやってきて、そのとき太陽系を横切ったために、惑星の破壊や衛星の剥離、軌道の変化があったということと一致。
それに、シュメール語では、「ニビル」とは、「交差する星」を意味し、アヌンナキとは、旧約聖書の「ネフィリム」のことを「ANUNNAIアヌンナキ」と読み、「天から地に降りた者」を意味する。

これが、シュメール文明、インカ文明、マヤ文明が暗示している2012年12月22日に起こる事であり、世界各国に残るノアの箱舟の伝説のことであり、ノアの箱舟はこのことなのだと思った。

「マヤの人は知っていた。終わりは、始まりだということを・・・。」

また、米英蘭の共同プロジェクトとして赤外線天文衛星IRAS(アイラス)が1983年1月に打ち上げられ、IRAS(赤外線天文衛星)は、地球の衛星軌道を周回中、オリオン座の方角に巨大な謎の天体を発見しました。
サイズは木星の2倍くらい、距離は地球からもそう遠くなく、太陽系に属する天体と思われ、この謎の天体の地球からの距離は約500億マイル(約800億キロ)と計算されているとの情報もありました。

ニビルのような巨大な惑星が、地球に接近したら人類は、地球はどうなってしまうのか?
重力と引力が関係ある。
地球にも、他の惑星にも変化が起きる。

どんな変化が起きるのか?。
電子が関係ある。
宇宙空間は真空ではなく、電気、電子、電磁波に満ち溢れている。
地球は、それ自体が発電機になっていて、自分で回転をして発電している。
そして、地球は磁場を発生させている。地球は、自分でコントロールしている。
回転をとめれば、発電ができなくなり、磁場がなくなる。

地球にも意志がある。
例えば、葉っぱにも意志があって、時期がくれば自分で黄色くなって枯れていくように・・・。

シュメールにある伝説によると、今から46億年前、太陽系第10番惑星で、3600年周期で公転するニビルという天体が地球に衝突し、月は、その時破片できたと粘土板に天文学に関する記述があった。そのニビル星には地球外生命体アヌンナキが住んでおり、後にその事をシュメール人に教えたという。この惑星ニビルは火星と木星の間を交差して、公転周期3600年という巨大な楕円を描いている。アヌンナキの母星でもある。

太陽フレアのイメージ
ポールシフトした地球のイメージ
太陽系よりも以前に月は存在していた!?
磁場が弱くなるとどうなるのか?

地球のコア(核)は、大部分が液体の状態で、金属(鉄合金)から出来ていて、地球は、大きな磁石になっていて、北極(N極)と南極(S極)の磁場(地磁気(ちじき))があり、その磁場がシールドの役割をして、太陽風や有害な紫外線が届くのを防ぎ、地球上の生命を守ってくれている。

それに、磁場が弱まると脳の中の磁石で、地球の磁場を感じて、自分の方向を知る渡り鳥が方向感覚を失ったり、ミツバチが異常行動を起こすことがある。『コア』という映画にあったような状態になってしまう。

人間の脳もシナプス(電気信号)だから、人間にもかなり影響してくる。だから、地球の磁場が変われば、大きく全てが変わる。それに、一番重要なことは、磁場が変われば、地軸が変わる。

惑星ニビルの接近で、その重力と引力の関係で、地球の磁場にも変化が起き、地球の地殻変動が起きる。
現在は、地球の周りに月が回っているため、月の引力との関係によって、地球の地軸も安定し、常に23.4度傾いている。
惑星ニビルは月と違い、地球の自転軸の傾斜とニビルの公転面が一致するため、ポールシフト(N極とS極の反転)が起きる可能性がある。

太陽の動き、太陽の磁力線によって、磁場が逆転する。
磁場が逆転するとき、磁場の力はゼロなる。

また、惑星ニビルの引力によって、地球の大気が引きつけられ、大気のサイクルを大きく変化させ、サイクロン(暴風)を引き起こす。
サイクロン(暴風)によって、海の水は、津波を発生させ、ノアの箱舟のような状態になる。
惑星ニビルが近づくことによって、大気の変化、海流の変化、磁場の変化、地軸のズレ、太陽系の変化が起きる。
現在、地軸が不安定になっていて、このまま惑星ニビルが近づき、地球の地軸がズレてしまうと、氷河期が再び訪れてしまう可能性がある。

人類は、絶滅してしまうのか?。

人類は、絶滅はしない。
35XX年(非公開)に人類は絶滅してしまうようかもしれない・・・。

そして、もう少し調べていくと、実は地球温暖化は、二酸化炭素(CO2)の増加だけが原因ではなく、80%は、太陽フレアの影響だと言われていることが分かってきた。
真実の情報があまりにも公開されていないことに驚きを隠せません。

温暖化の原因は、二酸化炭素だけが原因じゃなかった。
だったら、もうどうしようも無いのか?
何をすればいいのか?。

環境問題に取り組むのは、地球の資源を守るため。
地球の水を守るため、地球の森を守るため。
人間がいなくなっても、地球はなくなることはないけど、自然がなくなってしまえば、人間はもちろん、他の生物までも住めなくなってしまう。
でも、環境問題だけが全てだと思ってしまうのはとても危険。
人間には、想念というエネルギーで地球と影響しあっている。

それは意識の覚醒と関わりがあった!

意識を目覚めさせ、地軸を安定させる。

日本は北半球にある。磁針は北が下がり南が上がる。

人間の想念が、地球に影響している。
地球がアセンションするためには、人類の意識覚醒が大きく影響している。

地軸の傾きが変わると、大きな変化が地球を襲います。
その変化は、かつて地球が何度も体験してきたノアの箱舟のような状態になり、地殻変動が起こり、多くの大陸が消える。

どうすれば、地軸を安定することができるのか?

現在、地球の磁場が弱まり、地球は自転する際、ふらつきを起こしている。
そして、地軸が不安定になっている。
その一番の原因は、人間のネガティブエネルギー、ネガティブな想念が、磁場を弱くさせてしまっている。

このまま、地軸が不安定になり、木星の2倍もあるとされている質量の大きな惑星ニビルが接近すれば、ポールシフト(N極とS極の反転)が起きる可能性がある。
地軸の傾き(23.4度)はそのままでポールシフトを起こせば問題ないけど、地軸が不安定なままポールシフトを起こせば、太陽系から地球が弾き飛ばされたりする可能性だって否定できない。

これは、つまり、太陽系全体の不安定につながっていく・・・。
さらに、地軸が移動し、地軸そのものの傾きが変わり、赤道の位置が変わるため、何年もかけてできた氷が、地軸の傾きによっては、二酸化炭素の増加のように、徐々にではなく、一気に解けてしまう。
それが大問題だ。
そして、大洪水を引き起こしてしまう・・・。

地軸はそのままでSN極だけが入れ替わる。日本は相変わらず北半球にあるまま。地球がこうした姿勢をとるには太陽が姿勢を変える必要がある。つまり現代の天動説である。
日本は南半球にある。磁針は北が上がり、南が下がる。地軸そのものが移動し、日本は南半球に移動する可能性がある。新しい地軸は太陽との関係で決まるので、SN極の位置関係は変わらない。


スポンサードリンク

豆用語辞典

■太陽系 → 太陽系とは、とても大きくて重い星である太陽を中心とする天体系で、その引力を受けて運動している天体のこと。中心の太陽は、自分自身で燃えて光と熱を放出している。太陽系には、太陽のまわりを公転している水星、金星、地球、火星、木星、土星、天王星、海王星の8つの惑星や彗星、そして、惑星のまわりを公転している衛星(地球の衛星は月)がある。

■太陽フレア → 太陽フレアとは、実はX線で見てみると、さまざまな活動現象を起こしている。フレアもその一つで、太陽の大気中に蓄えられた磁場のエネルギーを消費して、数億度にも達する超高温プラズマや光速近くまで加速された粒子を爆発的に生成する、太陽系でもっともパワフルな爆発現象。

■意識 → 意識とは、ある物事に気づくこと。また、その心、感知、知覚のこと。自分のことだけを考えている人は、他へ意識を向けることはできない。地球の心を感じて、はじめて意識を向けたことになる。意識をそのもの自体に注入できるかどうかである。

■覚醒 → 覚醒とは、過ちや迷いに気づいて目をさますこと。人は生きていくと様々な情報が脳の中にインプットされていく。その中には、ある種のコントロールによって植えつけられているものが多い。それらのコントロールから抜け出すには、過ちを認め、反省することが覚醒につながる。

■宇宙空間 → 宇宙空間とは、マイナスとプラスが同居する可能性を秘めた空間であり、常に相対的なものが存在している空間。また、宇宙空間には「見える物質」と「見えない物質(ダークマター)」と「謎のエネルギー(ダークエネルギー)」の3つが存在している。

■電気 → 電気とは、原子のもつ粒子に、電気的な性質をもつ正電荷と負電荷がある。つまり、電気は大きく静電気と動電気とに分類される。物質を構成する最小単位は原子で、中心となる原子核と、その周囲を回転する電子から成っている。原子核の中にある陽子はプラス、電子はマイナスの電気を帯びている。これを帯電状態という。この帯電状態の物質は電荷を持つといい、その大きさの単位はQ(クーロン)という。多くの物質は、陽子も電子の数は一定で、電子は原子核の周囲を回転するだけど、何かの拍子に軌道を離れる場合があり、この軌道を離れた電子のことを自由電子という。したがって、電気とはこの自由電子の動きをいう。

■磁針(じしん) → 磁針とは、磁気コンパスで、自由に回転できるようにした針状の永久磁石。羅針ともいう。

■真実 → 真実(目に見えないもの)とは、うそいつわりのないこと。ほんとうのこと。真実を見るためには、心の目が必要になる。



子供の未来で世界が変わる!〜未来の地球を担う子供たちへの未来メッセージ! スピリチュアル 意味〜スピリチュアルとは!?意識覚醒してスピリチュアルな人になるには!!
マヤの予言 2012年〜2012年12月22日の地球と人類のアセンションはどうなるのか?〜


このページのトップに戻る

一つ前にもどる