フォロー・ミー

賃貸物件 部屋探し

地球環境サイトH3 > 真実 >

賃貸物件の部屋探し 物件の選び方


賃貸物件の部屋探しを始める前に知っておくべき物件の選び方
スポンサードリンク
賃貸物件の部屋の探し方・選び方を徹底検証!
住みやすく、自分に合った住まい(部屋)は、生きる上で欠かせない住環境です。
しかし、
「騒音問題があるのではないか」、「町内会への参加が大変なのでは?」
といった疑問や不安の声が聞かれるのも事実です。
また、最近は敷金・礼金がないもの、大家さんと直接契約する空き家バンクなど、賃貸の種類もさまざまになっています。
そこで、ここでは本当に住みやすい住まいとはどんな環境なのか、徹底的に検証してみることにしました。
毎日生活する住まいだけど、ほんとうに契約して大丈夫?

Photo by (c)
マンション、アパート、コーポ、一戸建て・・・。
賃貸物件には種類がいろいろあり、選ぶときの大きな要となります。また、実際に悩んでいる人も多く、それぞれのメリットとデメリットを考えて、選ぶ人も多くなってきています。
しかし、私たちはふだんから「マンション」という言葉をよく耳にしたり、使ったりする割には「綺麗な部屋」、あるいは「広い部屋」というイメージばかりで、実際の構造や問題点を知らないのではないでしょうか。

物件を選ぶとき、その物件が何でできているのかも重要なチェックポイントのひとつだといえば、ちょっとびっくりしませんか。
住環境というのは、まさしく住む環境のこと。


自分がほんとうに求めている住まいは、どんな住まい!?

物件を決める際には、自分を見つめる必要があります。
1.自分がどんな環境に住みたいのか?
2.今の自分が求めているものは何なのか?
3.何を優先し、何を妥協できるのか?
よい住環境を探すには、まずは自分を知ることから。ということを今一度考えてみる必要があります。
これらのことは、物件選びにとても重要な意味を持つのです。

賃貸物件とは、今の自分の状態で、便利で快適に住めるところを借りるということ。
賃貸物件のメリットとデメリットを考えながら、将来物件を購入するときの指針にもなります。
例えば、賃貸物件で失敗したとしても、賃貸物件なら住み替えができるのですから。



静かなところを求めているのか、便利なところを求めているのか・・・。
求めている物件を探すにはどうすればいいのかについて考えていきます。

スポンサードリンク


賃貸物件を選ぶときのチェックポイント

周辺
道路 高速道路付近。通学路沿い。私道沿い。国道沿い。県道沿い。農道沿い。
騒音や排気ガスはもちろん、交通事故などに巻き込まれる可能性が高くなるので危険。
近隣 特に一戸建ての場合、隣にどんな人が住んでいるかがとっても重要。できれば隣との家の距離は500メートルは必要(騒音問題で悩まされる)。
公園 小学生が頻繁に利用する公園。お散歩コース程度の公園。幼児から高校生くらいまでの子供によるボール遊びの騒音に注意。
町内会 参加の有無。参加の回数。参加できなかった場合の罰金の金額等。ただし、町内会への参加は任意になっていて法的に強制力はないけど、人間関係に問題が生じる可能性は高い(交流がなくても人の嫌な想念を受けてしまうかも・・・)。
犬・猫・鳥などの小動物 獰猛で噛み付く犬。吠えまくる犬。犬や猫をたくさん飼っている家。犬・猫の糞害(特に猫の糞を踏んでしまうとかなり臭い)。マンションのベランダにやってくるハトの被害。
鉄塔 電磁波による健康被害。
携帯電話の基地局の位置 電磁波による健康被害。
ADSLの基地局の位置 電磁波による健康被害。
農薬 目の前や近くに田んぼ、畑、ゴルフ場があるか確認。
工場 水質汚染、大気汚染、土壌汚染、騒音問題に注意。物件近くに鉄工所(個人〜大手)があると日中の騒音に悩まされる。
飼育場 養鶏場、養豚場、牧場などが近くにあると、匂いが風に乗ってやってくるので注意。
特に夏場になると戸を開けたりするし気温が上昇するので匂いもきつくなる。
災害 土砂災害。水害。台風。活断層。火山。
放送&スピーカー 物件に近ければ近いほど騒音に悩まされる。1日毎時5回も定期的に放送される地域もあるので注意。

Photo by (c)

物件
インターネットの対応エリアの確認 ISDN、ADSL、光、モバイル通信
▼調べたい場所の郵便番号か電話番号を入力すると調べられます。
※ Yahoo! BB http://bbpromo.yahoo.co.jp/
※ NTT東日本 http://flets.com/
※ NTT西日本 http://flets-w.com/
携帯電話のエリアの確認 対応エリア内かどうか調べる。
電話回線の位置 部屋のどこにあるか確認。
エアコンの有無 取り付けられていない場合は取り付け可能か不動産(大家)に確認。
大家さん どこに住んでいるのか。どんな人か大家さんの子供はどこに住んでいるのか。大家さんの子供は物件の管理に関係しているのかなど。
物件の向き 方位を調べる(水廻りや日当たりなど)
匂い 水廻りの排水溝。以前に入居していた人がタバコを吸っていたか確認。ペットの匂い。
入居前にリフォームや修繕が可能か確認 壁紙、床(特にフローリング)。
水廻り キッチン。お風呂。トイレ。
部屋の間取り 間取り図だけでなく実際に写真を見せてもらう。
床の材質 フローリング。クッションフロア。畳。
照明器具 照明が付いてあるか無いか確認。
退去時の原状回復はどこまで必要なのか確認 大家さんによって異なるので注意。
扉の種類 襖。ドア。引き戸。
物件の構造 木造。軽量鉄骨造。重量鉄骨造。鉄鋼コンクリート造。
物件の築年数
物件の綺麗さ
物件の管理の仕方 不動産会社や大家さんによって異なるので注意。
ハウスクリーニング 入居時にちゃんと清掃されているのか確認し、清掃されていない場合は必ず写真を撮っておいて不動産担当者に連絡する。

共有部分の確認
エレベーター 匂い(ゲロや尿など)、掃除が行き届いているか確認。
階段の位置、種類 雪や雨によって滑りやすくなる階段があるので注意
ゴミ置き場の位置 物件近くにゴミ置き場があると朝や夜に騒音で悩まされるので注意
郵便受けの位置 マンションやアパートでは、入居者全員のポストが一箇所にあって、そのすぐ近くに部屋があると騒音で悩まされるので注意

賃貸物件の中には、エレベータ内には「立ち小便をしないこと」と書いてある張り紙をしてある物件もある。ソラモンもマンションに住んでいたころ、立ち小便禁止の張り紙を見たことがあるし、実際にした後の尿の臭いもかいだことがあるけど、たまらなく臭かったことは覚えている。
ゴミステーションにあるゴミ箱のフタの開け閉めって意外とうるさかったりするし、カラスやネズミやゴキブリも出現して、出くわしたときなんかは何ともいえない気分になってしまう。
Photo by (c)


騒音問題はこんなにもある!?

パターン1.マンション・アパートの騒音問題
Photo by (c)
マンションの騒音の主役は、上下左右、斜めのお隣さんです。
斜めの住人は騒音には無関係なように思えますが、マンションの構造によっては騒音の原因になりえるのです。

とあるマンションに住んでいたとき、天井から子供が飛び跳ねる音がしたので上の階に住んでいる人かと思い、不動産に注意をしてもらおうと電話をしてみると、「おかしいですね。上の階の人は子供はいないはずなんですが・・・。
単身赴任でこられた方ですからね・・・。」と不動産会社の人。

「え!?もしかして、幽霊ですか・・・」と私。

「いえいえ、この物件の構造造、上下左右はコンクリートで音が聞こえにくいのですが、鉄筋が交差しているところに隙間があるため、そこから音が漏れる為、斜めからの音も聞こえるので、斜めの方かもしれませんね。注意しておきますね。」と不動産会社の人。

残念ながら、注意をしてもらってからも、子供がベットやソファーなどから飛び跳ねる音は続きました・・・。
マンションは、住人だけではなく、住人の知人や親戚なども訪れます。騒音の原因になるのは、足音、ドアの開け閉め、襖の閉める音、洗濯機の音、話し声、ピアノなどの楽器、ベランダなどでの日曜大工などです。

あるマンションに住んだときのこと、年配夫婦の二人ぐらしの方が上の階に入居すると聞いていたので、ほっとしていたときのこと、息子さんのお嫁さんらしき人が子供をつれて遊びにきていました。お嫁さんのお姑さんに気をつかう甲高い話し方やわざとらしい笑い声が耳につき、嫌な予感はしていたのですが、たまにならいいだろうと思っていました。
ところが、毎日のように訪れるお嫁さんとお孫さん。これには耐え切れず、仕方なくその物件は引っ越すことになりました。

大学生が多い街の不動産会社の話では、「大学生はルームシェアをして3人ぐらいで一緒に暮らしているので、大学近くの物件は辞めた方がいいいですよ」と教えてくれました。

また、「最近は、騒音の問題で夜中、携帯が鳴りっぱなしで、もうお手上げなので、警察に頼んでいるんですよ。それに、足音がひどい人には、スリッパを履くように言っているんですよ。もう、ここまで言わないといけないんだから!本当に、大学生は宇宙人ですよ!!」と嘆いていました。

【ドイツ人もびっくり日本の騒音問題】
ある不動産会社の人から聞いた話ですが、「大学のドイツ人の先生に物件を紹介したこともあるのですが、日本のマンションは騒音が酷すぎて耐えられないと言っていたほどなんですよ」と言っていました。

【一泊させてもらうのも一つの手】
それから、騒音問題で夜も眠れない不動産屋さんは、「静かな物件を求めている方には、一泊してもらうようにしているんですよ。」と言っていました。
大抵の場合は、一泊すれば夜の騒音は体験することができるので、契約する前にお願いしてみるのもいいかもしれない。
友達の住んでいるマンションは、隣の人のいびきまで聞こえてくると言っていました・・・。

【実際に住んでいる人に確認する】
以前、不動産会社の人に「隣の大学院生が夜中彼氏をつれてきて、足音や話し声などが聞こえて眠れないので、この物件は響きやすいので、気をつけてほしいと注意してください。それと、この物件は、夜寝ていると下の階の人の音や声、食器の方ずれける音など全て聞こえるのですが、この物件は騒音のクレームはないのですか?」と尋ねました。
すると不動産会社の人は、「この物件は、騒音のクレームはないですね・・・。」と答えました。
数日後、隣の大学院生の方から一通の手紙をもらいました。「ご迷惑かけて、本当に申し訳ございませんでした。
以前から注意を受けていたのですが、今後気をつけます。」と言ったとても丁寧な内容でした。

私は引っ越してきたばかりだったのですが、以前からこういった注意を受けていたということは、不動産会社の言う、”この物件では、騒音のクレームはない”と言ったことはウソだということがすぐに分かりました。

私たちは、「この物件は鉄筋コンクリートでできていて、騒音の心配は無い、飛び跳ねても大丈夫。
お風呂には、テレビがついていて、音も漏れない」と不動産会社の担当者に聞いていたので、この物件を決めたのですが、実際は足音や話し声などが聞こえるほどでした。

このマンションの部屋は鉄筋コンクリートと言われていた物件です。入居前に不動産担当者が、内壁と外壁の間にはコンクリートがビッシリ詰まっていると聞かされ、実際に壁を叩いたり、床を飛び跳ねてくれて、「ほ〜ら!こんなにはしゃいでも隣に全然音が聞こえないんですよ!TV付きのお風呂の中だって歌だって歌えるんですよ!」と聞いていたけれど、入居してすぐに隣の人の声が丸聞こえだった。その後、不動産担当者に伝えると、色々と弁解していた。さらに壁に小さな穴を数箇所開けてコンクリートが詰まっているか調べてみると、まったく詰まっていなかったことが判明した。たぶん施工時に、内壁と外壁の間にコンクリートを流し込んだときに、コンクリートが満遍なく壁と壁の間の空間を埋めるようにミキサーなどを使っていなかった、手抜き工事だったのではないかと思われる。上の写真でもわかるように、退去時にエアコンの穴を覗いてみると、少しはコンクリートが見えたけど、ほとんどコンクリートは見えなかった。
Photo by (c)H3

後で、このことを不動産会社さんに問いただすと、「マンションのパンフレットに書いてあったので、その通りに話しました。こちらも建築会社に騙された気分です・・・。」と言っていました。
実際に、パンフレットを見てみると、本当にそのように書かれていて、驚きました。

以前住んでいたマンションでは、壁がコンクリートで隣の音は一切聞こえなかったので、不審に思い調べてみると、鉄筋コンクリート造には、ラーメン構造、壁式構造があることが分かりました。

生活音が響いていたマンションは、ラーメン構造だったのです。
また、コンクリートと壁との間に隙間があり、音が太鼓現象によって、響いていたようでした。
もしかしたら、GL工法という方法だったのかもしれません。

管理会社に、「音が相当響くので、GL工法ではないのか」と確認したところ、「構造のことまでは、分かりません」と無責任な返事が返ってきました。

その時、思ったのは実際にそのマンションの現状を知っているのは、不動産会社ではなく住んでいる人だと。
もし、機会があるのなら住んでいる人に聞いてみるのもいいかもしれません。

パターン2.ファミリー向けか、単身向けかで大きな差
ある不動産屋さんの話では、「3LDKのマンションだとファミリー向けだから、子供などの騒音が気になってしまうかもしれませんよ。私自身もファミリー向け物件に以前住んだことがありましたから、分かりますけど。
静かなところを希望されるのなら、単身向けの2LDKぐらいがいいと思いますよ。」と教えてくれました。

パターン3.一戸建て物件の騒音問題
Photo by (c)
マンションの上下左右の騒音問題に悩まされ、一戸建て物件なら上下左右がないのだから大丈夫だと思い契約したところ、四方八方からの子供の泣き声や歌声、遊ぶ声、学生や主婦の立ち話(井戸端会議)・・・。
そこはファミリー物件なのでした。
さらには夕方になると、駐車場でのボール遊びの騒音・・・。
家の壁や家の前の道路でテニスの練習。
他人の家の壁で、サッカーの練習・・・。
夜は、子供たちとお風呂に入る声が聞こえ、歌まで聞こえてくることも!?
日曜日になると、親子で駐車場でボール遊び、孫とおばあさんの道路でのボール遊び・・・。
Photo by (c)

不動産会社の資料には、「閑静な住宅街」と書かれていたので、決めたのですがそのキャッチコピーとはまるっきりかけ離れていました。

単身の人は、ファミリー物件の近くに住むのは避けた方が無難かもしれません。
子供がいるとどうしても、静かにさせるのには無理がでてきてしまいます。
また、子供をのびのびと育てたい人は、ある程度騒音を出しても近所の人に迷惑がかからない場所(人里離れた田舎や別荘地など)を選ぶ工夫も必要かもしれません。
都会でそういった場所があれば一番いいのですが・・・。


大家さんと息子との関係

不動産会社に大家さんはどんな人なのか、どこに住んでいるのかは大抵確認することができますが、ついつい忘れてしまがちな大家さんの息子さんのこと。

以前、一軒家を借りたときのこと、そこの大家さんはマンションと借家を3軒ほど持っているというお話でした。
その物件を借りたときのこと、ある夜、借りていた家の前で酔っ払って叫んでいる男の人がいました。
驚いて家をでてみると、「ここは俺の家だ!!何か文句があるのか!?」と叫んでいたのです。
その男の人は、大家さんの息子さんで、二軒隣の借家の一つに住んでいることがすぐに分かりました。

不動産に大家さんのことは確認したのですが、息子さんことまでは確認するのを忘れてしまっていました。
息子さんに何で叫んでいるのかよく話を聞いてみると、「近所の人に土地を貸してあげているけど、揉めていて、むしゃくしゃしていていた」と言っていました。

また、大家さんとその子供が管理している物件では、大家さんと管理人の子供の話が食い違うことが多いので、注意が必要です。


知っているようで、ほんとうはよく分からない自分が本当に求める住環境のこと。
本当に自分に合った物件を選ぶポイント

自分に合った物件を選ぶには、今はとくによく分からなくても、住んでいくうちにいろいろと分かってきたり、自分の状況が変わってきたりすることがあるので、今現在何を優先し、何を妥協するのか、すべて完璧なものがもちろんいいのですが、自分で設計した物件ではないので、一長一短を考えなら選ぶことが重要なポイントになります。

不動産屋さんのアドバイスだと、「結局は何を優先するかだと思いますよ。マンションだとマンションの問題があるし、一戸建てだと周辺の環境、例えば周辺にマンションがあれば夜のバイクの騒音とか、ドアの開け閉めの騒音とか、近所付き合いとかね」と教えてくれました。


賃貸物件の部屋探し・物件の選び方のまとめ

賃貸物件を探していて、どの物件(部屋)に決めるかで自分自身の環境問題がずいぶんと変わってくる。
たとえ部屋や物件自体が良くても、その賃貸物件の周りがどうかによっても、全く変わってくるのが真実だ。
部屋探しを真剣に考えるなら、物件や部屋の環境、周りの環境も合わせて選ぶことが重要だと気付くはず。
すばらしい賃貸物件を見つけるためにも、これらのことも環境問題としてまじめに考えておくべき。

スポンサードリンク


賃貸物件の部屋探し・物件の選び方〜知っているか知らないかで未来が変わる〜


このページのトップに戻る

一つ前にもどる