フォロー・ミー

PlayStation Vita PSVita プレイステーションヴィータ

地球環境サイトH3 > 真実 >

PlayStation Vita(PS Vita プレイステーション ヴィータ)


PlayStation Vita(PS Vita プレイステーション ヴィータ)ついに登場!
スポンサードリンク
2011年12月17日に発売されたPlayStation Vita(PS Vita プレイステーション ヴィータ)。

この携帯型ゲーム機の特徴は、タッチパネルでの操作ができて、携帯電話の携帯回線(3G)経由を使って、ネットやツイッター、フェイスブックはもちろん、世界中の人とゲーム対戦できる、通信機能を強化したことです。
これまでのプレイステーション・ポータブル(PSP)のディスプレーと比べると4倍の解像度だから、家庭用ゲーム機と同じくらいきれいな画面になり、かなり進化した機種になりました。
気になる価格はというと、無線LANでネット接続する機種(2万4980円)と、携帯電話回線も使える機種(2万9980円)の2種類。

PlayStation Vita(PS Vita プレイステーション ヴィータ)には現在、まだ24本しかソフトがないけれど、今後日本の開発者によってどのようなソフトが世に送り出されるのかが楽しみです。
ゲームソフトが約10万本ある米国アップル社のiPhone(アイフォーン)に追いつけ、追い越せ!

また、PS Vitaの中身はというと、主力部品!?には、韓国のサムスン製「有機ELパネル」が使用されているみたいです。
以前、ケーブル系でサムスン製品の物を買ったことがあるけれど、不具合のため交換してもらって、それもまた不具合だったので、結局のところ日本製のケーブルに交換したのを思い出しました。
日本製のケーブルはかれこれ4年経つけれど、まだまだがんばってくれています!
こういった精密機械の部品は、すでに日本製はほんのわずかになってきているのかもしれません。
パソコンのハードディスクやその他もろもろの部品も中国製、韓国製、台湾製などコストの関係上なども考えて日本製品以外になっているのが現状ですね。

最新機種を安く買うことができるのも、海外との連携のおかげであり、恩恵を存分に受けているのですね。
これから数十年経つ頃には、海外製部品の品質も向上していると信じてやみません。

スポンサードリンク
PlayStation Vita(PS Vita プレイステーション ヴィータ) オススメの理由!

日本を代表するSONYによって生み出された最新機器を堪能してみてね!
ゲームのやり過ぎは良くないけれど、想像力を使ったり、自分の将来のために研究したり、活用したりすれば、ただのゲーム機だと思っていたものが、自分にとっての宝物になり、未来を輝かせる物質へと変化していくよ!


PlayStation Vita(PS Vita プレイステーション ヴィータ)ついに登場!


このページのトップに戻る

一つ前にもどる