フォロー・ミー

自己破産 費用 弁護士費用

地球環境サイトH3 > 法律 >

自己破産の費用と弁護士費用を知ろう!


自己破産の費用と弁護士費用を知ろう!
自己破産をするときの費用と弁護士費用

〜自己破産の申立費用と、弁護士や司法書士に依頼するときの費用ついて解説します。〜

■自己破産の申立をする費用(同時破産事件:換価するほどの財産がない場合)

スポンサードリンク
1.申立手数料(収入印紙代)1,500円
2.予納郵券(郵便切手代) 5,000円〜1万円
※各地方裁判所によって異なります。
3.予納金 1万円〜2万円

合計金額で、約2万円〜約3万円になります。

■自己破産の申立をする費用(管財事件の場合:換価するほどの財産がある場合)

1.申立手数料(収入印紙代)1,500円
2.予納郵券(郵便切手代) 5,000円〜2万円
※各地方裁判所によって異なります。
3.予納金 20万円〜

■自己破産の申立てを弁護士に頼む場合の弁護士費用(同時破産事件)

弁護士に依頼する場合
1.申立実費
2.着手金 20万〜40万
3.報酬額 20万〜40万(免責が下りた時に発生)

合計金額で、40万円〜80万円ほどになります。

■自己破産の申立てを弁護士に頼む場合の弁護士費用(少額管財)

弁護士に依頼する場合
1.申立実費
2.着手金 20万〜40万
3.報酬額 20万〜40万(免責が下りた時に発生)
4.破産管財人費用の予納金 20万円〜

合計金額で、60万円〜100万円ほどになります。

■弁護士費用の分割や立替はしてもらえるのか?

弁護士事務所や、司法書士事務所では、現在、分割払いに対応してくれるところは多くなってきているようです。

また、公的機関では、国が設立した法人「法テラス」を利用することによって、弁護士や司法書士の費用の支払が難しい場合は、費用の立替制度や、立替金の償還免除制度というのがあり、生活が難しく困難な場合などは、立替金の全額または一部の償還を免除してもらえる場合があるようです。

費用の立替制度を利用できるかは、収入や資産の基準を満たしているかで判断されるようです。
このページのトップに戻る

一つ前にもどる