フォロー・ミー

自己破産 車

地球環境サイトH3 > 法律 >

自己破産で車はどうなるの?


自己破産で車はどうなるの?
自己破産する際の車の配当(没収)基準

〜車は、日常必要なものなので、しっかりと車の配当基準をしっておくことが大切です。〜

■ローンが残っている場合

スポンサードリンク
自己破産の場合、車の所有権が誰かということが重要になってきます。
ローンが残っていれば、車の所有権はローン会社になります。
そのため、車は自分が所有していないので、車をローン会社に返さなくてはいけません。

■ローンが残っていない場合

ローンが残っていなければ、所有権は自分になります。
そのとき、中古屋さんの下取り価格が、20万円以下の査定であれば、車は自分の手元に残すことができます。

下取り価格が、20万円以上であれば、債権者へ配当されます。

■車を配当しなければならない場合の対処法

車を取られると困るけど、自己破産をしなければならいという場合は、現状として、10万円ぐらいの中古車や軽自動車を買って対処している人も多いといいます。

■下取り価格が、20万以上の車を維持したい場合の対処法

家族や、親戚などの身内の第三者に、ローン会社の同意のもと、中古車の査定価格(ローン会社の査定価格)で買い取ってもらい、第三者の人の車を貸してもらって乗ることはできるようです。

■車を維持したい場合の注意点

・仕事上、車が必要だという理由は、考慮されない。

・車のローンだけ、払ってはいけない。
自己破産をする前に、車のローンだけ払うことは、他の債権者に不公平になるという理由のようです。

・自己破産前に、車の名義を変えてはいけない。
自己破産をする人の名義の車が配当対象になるため、家族名義の車だと配当対象にならないのですが、自己破産前に車の名義を変える事は、免責許可がおりない、免責不許可事由とみなされるため、注意しておきましょう。

■保証人がいる場合

保証人がいる場合、車を売却して、それをローン残高に当てても、尚且つまだ残高があると、保証人に支払うように請求がいきます。一括か分割になるかは、債権者との相談になることが多いようです。

■車が没収されるタイミング

自己破産を申し立て(破産手続開始決定)から、持っている財産の処分手続きが行われるため、1〜2週間程度のようです。
このページのトップに戻る

一つ前にもどる