フォロー・ミー

借金 自己破産とは 自己破産宣告

地球環境サイトH3 > 法律 >

借金の自己破産とは!自己破産宣告は勇気を持って


借金の自己破産とは!自己破産宣告は勇気を持って
自己破産とは

〜自己破産について解説します。〜
■自己破産の概念

スポンサードリンク
自己破産とは、借金で苦しんでいる人を救済する国が設けた制度で、法律で定められた債務整理の法的方法の一つです。
簡単に言えば、借金をしている人(債務者)の生活するのに必要最低限の財産を除いた財産を全て換価して、貸してもらった人(クレジット会社やローン会社、銀行などの債権者)に分配することで、すべての借金を免責(借金がゼロになる)にしてもらえる制度です。

そうすることによって、人生をやり直し、新たな再スタートをきることができるのです。

■新破産法の施行

平成17(2005)年1月1日に、破産法が改定され、「新破産法」が施行されたことによって、自己破産制度がスムーズになり、より利用しやすくなりました。

破産法は、大正11年(1922年)に公布され、翌年大正12年(1923年)に施行された制度です。

その後、企業や、消費者の破産が増えたことから、破産法の問題点が指摘されました。
今までは、破産手続きと免責手続きが一体化していなかったのですが、「新破産法」により、破産手続きと免責手続きが一体化したので、破産手続きと免責手続きを別々にしなくてもよくなりました。

また、手元に残しておける自由財産の現金は、33万円(1ヶ月の生活費)×2ヶ月=66万円だったのが、33万円(一ヶ月の生活費)×3ヶ月=99万円になりました。

旧破産法では、破産宣告決定(自己破産の申し立て)をしてから、免責がおりるまでの間の免責手続き中に債権者が個別に債務者の財産に強制執行をすることができたのですが、新破産法では、破産手続開始決定がされてから(自己破産の申し立て)、免責手続き中の強制執行が禁止されました。

これにより破産者の更生と再生に障害をきたす恐れを防ぐことができるようになりました。
このページのトップに戻る

一つ前にもどる