フォロー・ミー

感動 映画 おすすめ

地球環境サイトH3 >  >

感動する映画のおすすめ


感動する映画のおすすめをご紹介!感動映画を観ると心が豊かになるね!
ネバーエンディング・ストーリー
〜ミヒャエル・エンデ原作の「はてしない物語」を映画化した、名作SFXファンタジー〜

スポンサードリンク
ちょっと気弱な10歳の少年バスチアンが、ある日偶然、本屋で見つけた「ネバーエンディング・ストーリー」だったが、本をめくるたびにどんどん本の世界へのめり込んでしまうことに・・・。
その物語は、今にも滅びてしまいそうな星、ファンタージェンのプリンセスを勇者アトレーユと幸運の龍ファルコンらとともに救いだし、世界を覆いつくそうとする”虚無”から世界をも救う旅の物語。
バスチアンは本を読んでいくうちに、物語と自分が一体化になっていくのを感じていくのだが・・・。
この「ネバーエンディング・ストーリー」は、ドイツの巨匠ウォルフガング・ペーターゼン監督がミヒャエル・エンデの有名なファンタジー小説をSFXを駆使して映像化したもの。

〜ネバーエンディング・ストーリーで出会える、ヒーローたちと幼ごころの君〜
ヒーローたち
■若き戦士アトレーユと愛馬アルタクスは、幼ごころの君の病気を治すためにファンタージェンを旅することになる。
■10歳のセバスチャンは、ファンタージェンを”虚無”から救うことのできるただ一人の人間の男の子。
■空飛ぶ”ラッキー・ドラゴン”ファルコンは、”悲しみの沼”で溺れそうになったアトレーユを救い出す。
幼ごころの君
■幼ごころの君は、愛をもってファンタージェンを治めている。
■勇者アトレーユに、自分の冒険を全てバスチアンが”はてしない物語”を通して経験できることの本当の意味を伝える。
■人々が夢を見るのをやめてしまうと、”無”がファンタージェンを支配し、やがて滅ぼされてしまう。それを知ったバスチアンは、想像力を使いファンタージェンを救うのだった。

〜ネバーエンディング・ストーリーを観た人が発見できるもの〜
この世で一番大切な ”力” を知ることができるようになる。
惑星が生きていること、クリスタルのことが、感じられるようになる。
何か失いかけていたものがあったとき、希望の光を見ることができるようになる。
あなたがネバーエンディング・ストーリーの世界に入り込むことで、世界を変えるようなことが起こってくるのだということを知っておいて・・・。

「ネバーエンディング・ストーリー」の感動した映画内容とは?
この作品で一番伝えたいことは何なのでしょうか?現代人が常に忘れてしまうもの。それは一語で表される ”夢” なのではないでしょうか。現代では、ほとんどの人が、朝起きて夜寝るまでの間、誰かによって心を支配されています。それも子供たちから大人まで年齢層は幅が広いのです。しかし、コントロールされないで済む方法があります。それはこの「ネバーエンディング・ストーリー」、果てしない物語の中で、あなた自身が見て感じて、そして魂の叫びを聞けるかどうかにかかっています。もしかしたら、ファンタージェンを救えるのは、無限の力、想像力を持った、あなたなのかもしれないということを・・・。「ネバーエンディング・ストーリー」・・・かなり精神性の深いスピリチュアルなお話です!!地球を含めた惑星の過去・現在・未来を紐解く鍵が各場面ごとに隠されています・・・。その秘密を魂の目でご覧になってください♪
監督・脚本: ウォルフガング・ペーターゼン/出演: バレット・オリバー、ノア・ハザウェイ


ペイチェック 消された記憶
〜もしかしたら、あなたの隠された記憶が蘇るかもしれない〜

ある日、会社の極秘プロジェクトに参加することになり、多額の報酬を受け取る代わりに、自分の人生そのものを切り売りするといった商売をする主人公のジェニングスは、プロジェクトに関する記憶を消されることに同意し、100億円の報酬を受け取るためにコインロッカーに向かう。
しかしそこにあったのは意味不明なガラクタだった。
実はそのガラクタを送りつけたのは自分自身という。
何がなんだかわからないまま、何者かによって命を狙われ始める。
しかし、その後訪れる地球の未来を揺るがすほどの出来事に出会うのだが・・・。
時間という記憶を失った主人公はどうなっていくのだろうか!?
ジョン・ウー監督作品のアクション・エンターテインメント「ペイチェック 消された記憶」。

「ペイチェック 消された記憶」の感動した映画内容とは?
もしもあなたの記憶が消されるとしたら!?実は人間はこの世に産まれてくる瞬間に記憶を消されているのです。肉体を持った瞬間から、魂の学びに入るために記憶を消されるため、その記憶を呼び覚ますために人生というものが存在しているのだと言っても過言ではありません。意識覚醒するためには、今世で必要な記憶を呼び覚ます必要があるようです。「ペイチェック 消された記憶」の中には、これらの要素が詰まっているので、もしかしたら、あなたの隠された記憶が蘇るかもしれません!
監督: ジョン・ウー/制作: テレンス・チャン/脚本: フィリップ・K・ディック(原作)/出演: ベン・アフレック、アーロン・エッカート、ユマ・サーマン


実写版のトランスフォーマー

この映画の中には、広い宇宙で繰り広げれている真実が隠されているかもしれない・・・。
彼らの戦争―
選ばれたのは、地球。
2003年火星探査機ビーグル2が打ち上げられた
ビーグル2はクラッシュしたとされた
最後の交信は、トップシークレットとなった
しかし、そこには我々人類への
唯一の”警告”が隠されていた・・・。
制作総指揮には数々の名作を手掛けた『スティーヴン・スピルバーグ』、監督には「アルマゲドン」を手掛けた『マイケル・ベイ』を迎え、あの名作、『トランスフォーマー』がハリウッド化された!
スティーヴン・スピルバーグ氏と言えば、代表的な名作の中に、「未知との遭遇」(1977年)、「E.T.」(1982年)、「シンドラーのリスト」(1993年)、「A.I. 」(2001年)、「メン・イン・ブラック2」(2002年)、「宇宙戦争」(2005年)などなど、数々の真実が隠されている映画を製作している。
実写版『トランスフォーマー』は、エグゼクティブプロデュサーを務めるスティーブン・スピルバーグ氏が、1980年代のハスブロのおもちゃをベースに考え、『Xメン』の総指揮、原案を手掛けたトム・デサント氏が原案を手掛けている。これに従いアングリーフィルムのトップのドン・マフィー氏とデサント氏は製作者のロレンツォディボナパルトと伴にこの作品のプロデュースを進めている。
また、アレックス・カフマン氏とロベルト・オーキー氏が『トランスフォーマー』の脚本、監督、プロデュースを手掛けることになった。
『トランスフォーマー』は、日本で誕生したアニメだが、シリーズ化された多くの作品が米国向けに作られたものである。
日本で生まれた『トランスフォーマー』、ぜひ日本人に観てもらいたいものだ。
そこに隠された真実を・・・。

「トランスフォーマー」の感動した映画内容とは?
今現在も、火星探査機を含む数々の探査機が、地球外惑星に向けられ調査されようとしている。しかし、地球外にも生命体は存在する!その事実を隠されたまま、今世紀の人類は情報操作されながら動かされている・・・。超ロボット生命体「トランスフォーマー」も、その内の一生命体なのかもしれない・・・。忘れてはならないのは、地球外に一歩踏み出した瞬間から、そこには規律があるということを・・・。地球外生命体は我々人類を恐怖に陥れようとしているのではないということを・・・。各惑星は、規律により守っている存在たちがいるということを・・・。
監督: マイケル・ベイ/制作: スティーヴン・スピルバーグ/脚本: アレックス・カフマン、ロベルト・オーキー/出演: 石丸博也、加藤精三


地球の静止する日 - The Day the Earth Stood Still

宇宙からの遊星よりの使者クラトゥは、全銀河系の要請として地球上で起こっているすべての暴力的闘争を中止するよう地球人の代表らを集め勧告するために、銀色の物言わずロボット「ゴート」と共に、ワシントンにあるグラウンドにUFOで飛来したあと、地球の代表に会うべく、会見を申し込むが拒絶されてしまう。
せっかく地球に来たクラトゥだが、話を聞いてもらえないとなると、ある行動に出た。
それは暴力で力を示すのではなく、地球時間の30分間だけ電気機能を静止させ、強力な力を見せつけることにする。
これが「地球の静止する日」だ。
その後、クラトゥを危険人物とした地球人たちの手によって射殺されてしまうことに・・・。
クラトゥの死を察知した、物言わぬ巨大ロボットが突然動き出した。
ゴートはクラトゥが死んだことがわかると怒って暴れ出し、UFOにクラトゥの死体を持ち去ることになる。
その時、すべてが動き出す・・・。

「地球の静止する日」の感動した映画内容とは?
クラトゥのように、地球内外には地球を含む各惑星が安定するために、地球人類をいつも監視し、見守っている存在たちが居ます。しかし現在、宇宙存在たちが迫り来る地球の危機に対して、勧告を発信するために直接コンタクトを取ったらどうなるでしょう?いまのままでは、想いやりの心を失った大半の人々によって、この映画のように、宇宙存在を亡き者にすることと思います。そうならないためにも、「地球の静止する日」を観ることで、本当に大切なものは何なのかを感じ取ってもらいたいものです。
監督: ロバート・ワイズ/製作: ジュリアン・ブラウスティン/脚本: エドマンド・H・ノース/撮影: レオ・トヴァー/音楽: バーナード・ハーマン/出演: マイケル・レニー、パトリシア・ニール、ビリー・グレイ、レオ・トヴァー、バーナード・ハーマン/字幕翻訳: 金田文夫


「AKIRA(アキラ)」 大友克洋 監督の作品

大友克洋 監督による伝説的アニメ「AKIRA(アキラ)」は、今後のアニメを揺るがすほどの作品になる。
その内容は、第3次世界大戦から31年後の2019年が舞台だ。
新都市ネオ東京に住む少年たちによる、バイクでの暴走行為や、反政府ゲリラによるテロ活動など混沌としている世の中を映し出している。
その中で、政府がひたすら隠し続けている「アキラ」と呼ばれるなぞの存在が、この物語の始まりでもある。
「AKIRA(アキラ)」は、82年12月より連載開始されたヤングマガジン(講談社)が映画化されたもの。
その当時、他にはなかった独創的な世界観を持つ内容は、国内をはじめ、海外にまでその名を広めた、マンガ史上に残る傑作になった。
映画の製作期間3年で総制作費は10億にもなった。
「AKIRA(アキラ)」が誕生した当時、80年代のアニメーション世界では考えられないほどの時間と労力を駆使して出来上がった映画なのだ。
もう始まっている、もう止まらない・・・

「AKIRA(アキラ)」の感動した映画内容とは?
想像を超えるパワーは、実は人間が持っている潜在能力なのです。その潜在能力を引き出すためのヒ・ン・トが今、アキラによって解き放たれようとしています。「AKIRA(アキラ)」によってあなたの中の真実が見えてくるはず!!
監督: 大友克/出演: 岩田光央、佐々木望洋


チェーン・リアクション
〜石油に替わる新エネルギーを水から発生させる画期的装置の開発に成功するが・・・〜

石油に代わる水を利用して新しいエネルギー発生装置を開発するための科学プロジェクト・チームは、ついに画期的なエネルギーの発見をすることに。
しかし成功の喜びも束の間、その日の夜、リーダーである博士がある謎の組織集団によって殺害され、工場もろとも爆破され、偶然その場に居合わせたエンジニアのエディ(キアヌ・リーブス)がその罪を着せられてしまう。
そのためFBIと謎の組織に追われ、命を狙われることになり、科学プロジェクト・チームの仲間であるリリー(レイチェル・ワイズ)と一緒に、真相究明のための逃亡生活が始まる。

「チェーン・リアクション」の感動した映画内容とは?
今も尚、世界中のどこかで夢のフリーエネルギーの研究が成されている。しかし、ある謎に包まれた組織によって、それらは阻止されている現状がある。そうならないためにも、未来を見据えて行動しなければならないことを、この「チェーン・リアクション」を観ることで、感じ取ってほしい・・・。
監督: アンドリュー・デイビス/出演: キアヌ・リーブス、モーガン・フリーマン


感動する映画のおすすめをご紹介!感動映画を観ると心が豊かになるね! 感動する歌詞と曲の音楽を聴いてすばらしい人生の始まりを・・
クラシック音楽の名曲を聴いて自然を感じよう


このページのトップに戻る

一つ前にもどる